(株)琉球バイオ・リソース開発「ギンネムに関する研究データ紹介」

高血圧自然発症ラット(SHR)の大腿骨の顕微鏡写真

 高血圧自然発症ラット(以下SHRと略します)は、遺伝的に血圧の高いラットの高配を重ねて作り出された系統で、世界中でヒト本態性高血圧(原因の明らかでないもの)のモデル動物として使用されていますが、カルシウム代謝異常という特徴があります。そこでこのSHRの骨に対して、水道水、ウーロン茶、醗酵ギンネム茶がいかなる影響を与えるかについて実験を行いました。

 SHRを1.対照区:水道水のみを給与、2.ウーロン茶区:ウーロン茶のみを給与、3.醗酵ギンネム茶区:醗酵ギンネム茶のみを給与、の3群に分け26週間飼育したものの大腿骨の病理組織学的検索を行いました。
写真は、大腿骨の一部を薄切りして染色したものを顕微鏡を使って撮影したものです。

1.対照区(水道水給与区)
水道水給与区区顕微鏡写真 中央部に大小不同の孔(矢印)が多く現れており、中程度の骨粗鬆症であることを示しています。
2.ウーロン茶給与区
ウーロン茶給与区区顕微鏡写真 対照区と比較すると、不整形の孔はやや小さくなっていますが、かなり多く出現しており、骨がかなり溶かされている(吸収)状態が観察されます。
3.醗酵ギンネム茶区
醗酵ギンネム茶給与区顕微鏡写真 不整形の孔は全く見られず、正常で健康的に回復した状態です。
また、フォルクマン管(矢印)の発達がよく、骨のカルシウム沈着が活発であることを示しています。
以上の結果より、対照区およびウーロン茶区は中程度の骨粗鬆症といえる状態でしたが、醗酵ギンネム茶区は正常で健康な状態に近く、醗酵ギンネム茶に含まれるミネラルがSHRの骨粗鬆症を改善する効果のあることを示唆しました。

閉じる